右脳の活性化

サイトマップ
自己啓発.jp
 

右脳の活性化

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 右脳の活性化

右脳

右脳の活性化で、私たち人間の脳は、右脳と左脳に別れて、それぞれが対照的な働きを行うことにより、一つの作業を効率的に行うことができます。
よく右脳トレーニングとも言いますが、右脳ではイメージ力や直感性、芸術性を働かせる所であるため、これらの脳力を向上させることが可能となります。

現代人の生活は左脳を使っていることが多いと言われています。
言葉を話したり、計算を行ったり、耳で声を理解したり左脳を無意識に使っていることが多いのです。
では右脳はどのようにすれば活性化するのでしょうか。
簡単にできる方法は、イメージ力の強化で、単語を映像としてイメージすることです。

右脳の活性化では、ただ何となくイメージするより、それが本当に実在するかのようにリアルに想像することが必要です。
想像してみて下さい。

あなたの目の前に車があります。そして運転席には彼女が乗っていて、笑みを浮かべています。車の色は黄色です。その車は海岸線を走っているのです。
いかがですか、かなりリアルにイメージすることができましたか。

このイメージする想像力は高度な脳をもつ人間のみが活用できる能力です。
右脳を活性化させることで、他にも直感力や感受性など未知の能力を開花させることが出来ます。
これは継続的に、練習しなければなりませんが、秘められた脳力が眠っていることは事実です。
右脳の活性化の練習次第では、さらに伸ばすことも可能となるので、右脳を活用することはとても大切なことなのです。


聴く能力を高めることで全能を活性化する。
高速音声を聴く事は、頭の回転が確実に速くなる画期的なトレーニング方法です。
私たちの脳は聴く、見る、手足を動かす、口を動かす状態でそれらが加速されれば加速されるほど、脳細胞も活発に働きます。

しかし、手や足を速く動かすにも限界があります。100メートル競争での世界選手権で10秒程で走りきる選手でも、普通の人の2倍の足の速さにもなっていません。
手足を動かすトレーニングは無駄ではありませんが、脳を加速化する意味では左脳右脳に直結した聴くトレーニングが効果的です。

聴く行為は理解する練習でもありますが、これが加速化されたとき、脳内では大量のブドウ糖などを摂取するため、血液の循環も活発になります。
とくに活発に働くのが、額のあたりにある前頭前野で、脳全体をコントロールしている部分です。
前頭前野の活性化トレーニングは、積極性を高めたり、判断力を養う事でもあり能力開発には非常に有効な方法です。


関連記事
集中力を高める方法と練習
自己開発は右脳を活性化
超能力は発揮される
直感力を鋭くする
集中力を発揮の能力
判断力を鍛える判断能力
脳トレーニングと右脳の関係
書き初めで脳力開発
検索脳とは何だろうか
日本語で脳力開発する
集中力を養う方法
潜在能力は開発できる
右脳 左脳
思考力とは何か?【思考力を低下させる原因】
ウォーキングの効果は?【ウォーキングで脳を活性化】
能力開発の目標を立てる【能力開発セミナーの内容】
七田式と七田眞とは?【七田式の評判について】