アルコール依存症など

サイトマップ
自己啓発.jp
 

アルコール依存症など

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - アルコール依存症など

アルコール依存症 ギャンブル依存症 ニコチン依存症

依存症の治療法はどのような方法があるのでしょうか。
依存症の治療でまず最初に考えなければならないのは、治療を受ける本人が本当に、そして真剣にに改善したいと考えていくことが必要であります。
依存症の治療では、本人以外の人が依存を止めさせようといろいろと努力をしても、本人がまったく止める気持ちがなければどのような適切な治療を行っても、難しいのです。

依存症の治療は、まず本人の意志で自ら止めることを望み、そして周りの人もそれに協力していく事で改善の方向に向かいます。
依存症の治療を続けることは大切ですが、依存することを止めてからの期間を重視する考えは、決して良いことではありません。
依存症の治療で、ニコチン依存の患者が禁煙外来などで、禁煙に失敗した割合は八割とも言われています。

禁煙はしたけれどもどうしても吸いたくなり、一本だけ吸ってしまった事で、自分の禁煙に対する意志が崩れて、またタバコに依存することになってしまうのです。
最初に吸う動機として、もう三カ月禁煙したのだからそろそろ吸っても大丈夫だろう、もう三カ月も禁煙したのだから自分へのご褒美として一本吸おうなどと、止めた期間ばかり気にかけている事があります。

止めた期間ばかり気にしている状態では、いざ何かの拍子にタバコを吸ってしまった、酒を飲んでしまった、パチンコをやってしまった場合、自分の苦労が一瞬で崩れ去りたちまち自信をなくし、自分が止めていた期間は、まったく意味がないと思ってしまうのです。

これはとても危険なことです。自分の努力が一瞬で無駄になってしまう考えかたは捨てるべきなのです。
ですから、自分が止めた期間を重視する考え方では、いつまでたっても止める事ができないのです。

そして、これから止めようと考えているのでしたら、まず自分に本当に今止めたいと思っているのか、まだ止めたくないけどいつか止めたいと思っているのか、どちらなのか考えてみて下さい。

今止めたいと思ったときが、その瞬間が一番大事な気持ちであり、その状態で依存症の治療プログラムを実践して、本当に止めることが可能になるのです。


関連記事
依存症とは症状や種類は
ギャンブル依存症の治療
アルコール依存症の治療
統合失調症について
禁酒する方法とは
悩み相談をするには
依存症(アルコール・ギャンブル)
痴呆症の初期症状とは?【痴呆症の病院を紹介】
自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】
気分障害の症状【気分障害の特徴とは?】
全般性不安障害の症状【全般性不安障害を克服する】
強迫性障害の症状と原因【強迫性障害のチェック方法】
赤面症の治し方と克服【赤面症の薬について】
対人恐怖症のチェック方法【対人恐怖症になる原因】
社会恐怖症の診断基準【社会恐怖症の治療方法】
パニック障害の症状と原因【パニック障害の克服方法】
不眠症のチェック方法【不眠症克服する方法】
うつ病のチェック方法【うつ病の症状と改善する方法】
躁うつ病の症状とは?【躁うつ病のチェック方法】
境界性人格障害のチェック方法【症状と治療法について】
ストレス診断の方法【ストレスの症状と解消方法】
精神科病院の種類【治療内容と料金について】
認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】
薬物療法とは?【精神科での薬物療法について】