記憶法で右脳を活性化

サイトマップ
自己啓発.jp
 

記憶法で右脳を活性化

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 記憶法で右脳を活性化

記憶法

記憶法では、右脳と左脳を効率よく使うことで瞬間的に記憶します。
記憶法の練習は、時間を決めて集中して行った方が上手く身につきますし、覚える事に対しての忍耐力と集中力も高まってきます。
記憶法では、まず始めは簡単な事柄を記憶します。人間が普通、一度に覚えられるのは七個までと言われています。

記憶法で覚えるとき、最初は十個程度のものを覚える練習から始めた方が、頭も覚える事に慣れさせるには丁度よいといえます。
記憶法を完璧に早くマスターしたいからといって、闇雲に沢山の事柄を記憶していくのは、効率がいいとはいえません。
記憶法は、覚える事の順番を正確に、そしてよく覚えることを整理してから記憶した方が、後で思い出すときに苦労しなくてすみます。
記憶法では覚えたことを思い出せなければ、記憶した意味がまったくないのです。ですから一度記憶したことは、後で思い出す練習もセットでやらなければ意味がなくなってしまいます。

記憶法のトレーニングでは、右脳を活用する事がとても重要です。右脳はイメージ脳とも言われますが、頭の中で何かを想像したとき、活発に働いているのが右脳の部分です。
右脳では、想像力だけでなく、発想力や創造力も考える力がある部分です。
右脳の活性化するトレーニングを活用するとで、イメージ力を強化して、記憶する力を付けていきます。

記憶法で必要なのは、まず今までの記憶する方法を切り替える事が大切です。
普通の人が数字や単語を覚えるときに、何度も繰り返して音声で覚えようとします。
音声は理解するのに必要ですが、しっかりと長期的に記憶するのには、あまり向いていません。
耳で聴くより、映像や視覚で覚えた方が、覚えやすく長期的に記憶することが出来るのです。
つまり、音声を一度映像に置き換えてから記憶した方が、効率的に、長期記憶が出来るのです。

記憶法のトレーニングでは、まず右脳を活用することと同時に、活性化させる練習で、普段使われていない部分を刺激して、潜在的な能力を発揮させます。


関連記事
記憶力を強化する記憶法
記憶法と単語の意味
勉強を何のためにするのか
頭脳ゲーム(脳トレ)の効果
速読法の方法と仕組み
記憶術(記憶法)
速読法(速読術)
1分間勉強法の効果【1分間勉強法の感想】
【IQテストが無料でできるサイトを紹介】
英語勉強法になる映画鑑賞【東大生のTOEIC英語勉強法】