心理学の研究で大切

サイトマップ
自己啓発.jp
 

心理学の研究で大切

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 心理学の研究で大切

心理学

心理学とは、人の心を観察や分析をして理論化して考える学問です。
心理学の研究では、一つの課題に注目して、それに関するデータを取ることにより、一定の角度から人間の心理を分析していきます。
心理学は社会の生活の中で活用しなければ意味がありません。心理学者が犯罪者の心理を分析して、事件の解決に役立てたり、事件が起こる前に、ある程度先見する方法として活用することに使われることもあります。

心理学は人の心の状態がどのような気持ちになっているのか、ある一定の実験を行い、何人かの人にまったく同じ行動をさせることで、心の変化を観察して、そのデータから何らかの裏付けを考えていく事が必要です。

心理学では、普段あまり意識されていない潜在的な部分を考えます。普通の人が意識している、活動するのに意識している部分を顕在意識といいます。
逆に意識していない部分を潜在意識といいますが、潜在意識の部分が全体の九割りをしめるともいわれていますので、意識下の部分を活用したり、研究することはとても重要な事なのです。

心理学を考える上で大切なのは、個人の特徴と行動です。行動とは、話すことや、考えや思想、手や足の動きなどをある程度数値化して、どのような心理状態であるのか客観的にとらえていくことです。

心理学は、たくさんの実験からえたデータの傾向を分析することで、人の考え方や思考の傾向を裏付けていく必要があります。
心理学の実験では、被験者にこれから行う実験内容を説明せずに、むしろまったく違う説明をしてから実験に参加してもらうことがあります。
あらかじめ実験内容が分かってしまうことで、被験者の心理が意識し過ぎるために正確な結果が得られないのを防ぐ為です。

心理学の実験では、不要な刺激や環境から遮断した状態で行われることもあります。音などの刺激から影響を受けないような個室を利用して、一定時間の間、一定の作業を行ってもらいます。

これらの実験では、被験者は自ら進んで実験に参加する必要があります。最初の段階で否定されるような人に参加してもらっても、作業自体を行ってもらえなかったり、非常に不安定な気持ちで参加してもらっても、結果として上手く行かないことがあるからです。

心理学で大切なことは、得られた情報や傾向を様々な場面で活用出来るように、精神の治療や自己の啓発練習として、具体化していく必要があるのです。


関連記事
性格の改善と深層心理
占いの心理学とは
ダイエットの女性心理学
心理テストをやる心理とは
感情導入の必要性を考える
心理カウンセリングとは
マインドコントロールとは?【マインドコントロールの方法】
カウンセラーの資格【心理カウンセラーになるには?】
心理カウンセリングとは何か?【カウンセリングの効果】
【ユーキャンの生活心理学講座の内容とは?】