あがり症を克服する

サイトマップ
自己啓発.jp
 

あがり症を克服する

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - あがり症を克服する

あがり症

あがり症は、とくに日本人に多いと言われています。
あがり症を改善するには、なぜ一番大事な場面で上がってしまうのかよく理解する必要があります。

あがり症は上がる場面には共通点があります。普段の生活の中で考えると、普通の状態のときにはもちろん上がっていませんが、何か他の人に重要な話をしなければならない。他の人に対してきちんと話をしなければならないと意識過剰になった場面で初めて上がり始めます。

あがり症は、ある程度上がる場面は自分で分かっている事が多いので、その時点でどうすればいいのか頭の中が混乱した状態になっているのです。

あがり症で、あがってしまった状態とは、頭の中が混乱している状態ですが、これはまったく機能が働くなってしまっている状態ではありません。むしろ過剰に働き過ぎて頭が空回りしている状態なのです。

あがり症で頭が混乱しているのは、脳内の神経伝達のホルモンがいつもより出過ぎている状態です。よく頭に血が上るともいいますが、頭の中に血液が回り過ぎて、人によっては赤面した状態になる方もいます。

あがり症の人が、何とか冷静になろうとその場で努力しても中々難しいのです。あがり症を改善させるには、まえもってそれなりのトレーニングが必要となるのです。

あがり症をよい方向で改善させるには、まえもって自分の心を出す、表現させる練習が必要です。具体的には、声を出すことで、出来るだけ大きな声を出す練習があります。

あがり症は、声を出すことにより、自分の意識を強くして同時に集中する力も養います。ただ大きな声を出すだけでなく、頭の神経細胞を活発にさせるために早口で発声した方がいいでしょう。

声を出すトレーニングは継続的に練習することで、集中力を強化して、話をすることのみに注意が向くようになります。

話や発声にとても集中している場面では、気持ちも安定して非常にリラックスした状態で、口調もいままで以上に上手になっているのです。


関連記事
話し方教室での話し方
コミュニケーションを上手くする
人間関係で必要なこと、話し方
会話力と会談や商談
口下手を直す方法
話し方教室の練習方法とは
会話術の理論と実践
友達の作り方と話し方
話す力を身に付けるには
人間関係の悩みの解決法
緊張しない方法
人間関係力テスト
性格改善法