ゲーム脳に関する子供の影響

サイトマップ
自己啓発.jp
 

ゲーム脳に関する子供の影響

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - ゲーム脳に関する子供の影響

ゲーム脳

ゲーム脳という言葉が話題になりましたが、ゲーム脳とは、ゲームをやる事で頭が悪くなるなどの影響がでるという意味で知られています。

ゲームで頭が悪くなるような事があれば、パソコンで単純作業の仕事をやっている人も頭が悪くなっている可能性があります。

昔からゲームは子供の教育に良くないとか、コニュニケーションが取れない人間になるとか言われています。
しかし、ある調査ではゲームをやっていない子供より、ゲームをやっている子供の方が勉強の成績がよいというデーターもあるのです。

ゲームをやっているとき、脳波はベーター波になっていますが(つまり意職があり、思考が働いている状態)、ゲームを長時間続けた場合は、思考はあまり働かなくなると思います。

ゲームに限らず、単純な作業を長時間続けた場合は、思考はあまり働かなくなります。
これは慣れともいいますが、特に感覚や意職が集中している状態とも違うと思います。

慣れというのは、感覚が鈍くなる、または何も感じなくなるということですが、これは人間に本能的に身に付いている感覚だと思います。

慣れてしまったときは、実にスムーズに作業ができるようになますが、その反面、疲れが出てきたり飽きてきたりしますので、非常にストレスが溜まる状態になります。

ストレスは頭にとっては良くありませんが、ゲームをやっていてもう飽きた、疲れが出てきたというときにはゲームをやめてしまうのが普通ではないでしょうか。

ゲームに限らず耳で聞く、声に出す、イメージトトレーニングする練習など、普段ままりやらないトレーニングを行うと、脳細胞が活発に働くようになります。


関連記事
脳に必要な栄養とは
判断力の低下と向上
潜在意識と顕在意識とは?【潜在意識と顕在意識の違い】
ヘミシンクとは何か?【 ヘミシンクCDの効果】
アルファ波になる音楽とは?【呼吸法でアルファ波になる】
無意識とは何か?【無意識にやってしまう行動】
パーキンソン病の症状【パーキンソン病になる原因】