記憶法と単語の意味

サイトマップ
自己啓発.jp
 

記憶法と単語の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 記憶法と単語の意味

記憶法と単語の意味

記憶法で、単語の意味を覚えるにはどうすればよいのでしょうか。

記憶法では主にイメージとして記憶する事で、瞬間的に映像として暗記する方法ですが、これはとても効率がいい記憶法だと思います。

記憶法でイメージとして覚えるにはどのような事が大切なのでしょうか。
単語を覚えるとき、言葉そのものを覚える人がほとんどだと思いますが、言葉でもある程度のイメージが湧く事ができると思います。

記憶法では、強烈なイメージを思う方が強く記憶に残りますので、もっと具体的にイメージした方がいいと思います。
単語をイメージするといっても、人によって様々な単語に対する印象があると思いますが、それをできるだけ映像化する方がいいと思います。

イメージは、右脳を使っているといわれますが、言葉(言語)のような処理は左脳を使っています。
これは言葉の組み合わせ的な処理は左脳の方が得意で、言葉の意味をイメージするのは右脳の方が得意なんだと思います。

ですから、左脳ばかりを使って記憶しようとすると中々覚えられないと思います。
理論的や理屈的に記憶するのはかなり難しい作業ですが、できるだけイメージとして理解する事が大切なんだと思います。

単語とその意味はセットになっていますので、どのような意味があるのか十分理解してからイメージトレーニングすると、効率よく記憶できると思います。


関連記事
記憶法で右脳を活性化
記憶力を強化する記憶法
勉強を何のためにするのか
頭脳ゲーム(脳トレ)の効果
速読法の方法と仕組み
記憶術(記憶法)
速読法(速読術)
1分間勉強法の効果【1分間勉強法の感想】
【IQテストが無料でできるサイトを紹介】
英語勉強法になる映画鑑賞【東大生のTOEIC英語勉強法】