集中力を養う方法

サイトマップ
自己啓発.jp
 

集中力を養う方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 集中力を養う方法

集中力を養う方法

集中力を発揮したい、集中したい事に対して力を出すにはどうすればよいのでしょうか。

集中力が発揮されるにはいくつかの条件があると思います。
その条件とは、内部的な要因と外部的な要因の2つが主に関係しています。

内部的な要因とは、その人の持っている興味、意職などで、ある意味で鍛錬していかなければならない要因だと思います。

外部的な要因とは、その人の周りの環境と他人の思想などが関係していて、自信の力ではどうにも出来ない事も含まれています。

会社組織では、与えられた仕事は嫌でもやらなければなりませんが、このような条件下ではいやいやでも作業する感じになります。

作業している途中でも、集中力は高まります。
やり始めはどうしても頭の回転が悪いですが、やり始めてしばたく経つと頭がフル稼働した経験は誰でもあるのではないでしょうか。

自分の興味がるものに対しては自ら積極的に行う事がよくあります。
この場合は、頭の回転も非常に良く、他の物事には意職がいかないと思います。
この状態をもし意図的に作れるとしたら、いつでもどこでも集中力が発揮できるようになります。

実際の集中力トレーニングでは、紙に書いた点を一定の時間見つめる練習を行います。
点を見るだけですから簡単ではありますが、最初のうちは全然集中して見れないと思います。

何度も毎日のように練習すると、点を見ることに違和感を感じなくなり、見ている時間も気にならなくなります。

また、一定の時間高速な音声を聴くのも集中力を高める練習になります。
高速な音声トレーニングは最初は聴き取りにくいですから、耳を音声に傾ける必要がありますが、これをしばらくの期間続けていると自分でも驚くほど集中力が高まっているのが分かると思います。


関連記事
右脳の活性化
集中力を高める方法と練習
自己開発は右脳を活性化
超能力は発揮される
直感力を鋭くする
集中力を発揮の能力
判断力を鍛える判断能力
脳トレーニングと右脳の関係
書き初めで脳力開発
検索脳とは何だろうか
日本語で脳力開発する
潜在能力は開発できる
右脳 左脳
思考力とは何か?【思考力を低下させる原因】
ウォーキングの効果は?【ウォーキングで脳を活性化】
能力開発の目標を立てる【能力開発セミナーの内容】
七田式と七田眞とは?【七田式の評判について】