判断力の低下と向上

サイトマップ
自己啓発.jp
 

判断力の低下と向上

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 判断力の低下と向上

判断力の低下と向上

判断力はさまざまな場面で必要とされる能力だと思います。

判断力が低下するには原因がありますが、脳が正常に活動できないような状態になると本人が自覚できるくらい判断が鈍ります。
判断力は生活の中で大きなストレスを受けると正常な判断ができなるなると思います。

代表的な病気ではうつ病の患者や、統合失調症、痴呆症などの患者も自分で上手く判断する事がでいな事があります。

判断力は脳でどのように決定しているのでしょうか、その仕組みを理解する事は大切だと思います。
よく勘が冴えるともいいますが、直感で物事を判断する事があると思います。
直感が働いているときは、右脳が活発に動いている証拠で、イメージで判断していると思います。

右脳はイメージ脳とも呼ばれていますが、さまざまな過去の経験はイメージとして記憶れています。
過去の経験(情報)はイメージですから、言葉でも表現できますが感覚としてそう思うとか感じるなどの感性もあると思います。

自分にとって危険な人物のような気がするとか、危険な場所や状態などはとっさに判断しなければならない事態もあります。
このときは右脳のイメージ力で判断していると思います。

セールスマンで様々な良い条件を提供するような商売をしている方がいらっしゃいますが、条件(理屈)だけで簡単に契約する人はあまりいないと思います。

その契約をするとどうなるのかしっかりと頭の中でイメージさせるようなセールスマンは、お客様の心をつかんで契約につなげる事が出来ると思います。

この直感を鍛えるような練習にはイメージトレーニングが中心となりますが、右脳のイメージ力を強化するトレーニングで潜在的にもっている脳力を引き出す事ができるようになります。


関連記事
ゲーム脳に関する子供の影響
脳に必要な栄養とは
潜在意識と顕在意識とは?【潜在意識と顕在意識の違い】
ヘミシンクとは何か?【 ヘミシンクCDの効果】
アルファ波になる音楽とは?【呼吸法でアルファ波になる】
無意識とは何か?【無意識にやってしまう行動】
パーキンソン病の症状【パーキンソン病になる原因】