自己暗示の活用とは

サイトマップ
自己啓発.jp
 

自己暗示の活用とは

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 自己暗示の活用とは

自己暗示の活用とは

自己暗示を活用するにはどうすればよいのでしょうか。

自己暗示は催眠状態のときに暗示をかけるのが1番効果があると思います。
自己暗示を使うためには催眠誘導してから、潜在意識の働きを高めることで暗示を受け入れやすくします。

では、催眠誘導とは一体どのような事をやるのでしょうか。
催眠誘導では、体をまずリラックスさせていく事が先ですが、練習する所は少なくても落ち着ける場所や部屋を選んだ方がいいと思います。

自己暗示を与えるには、無意職の働きを活発にさせる事が重要ですが、催眠の練習に入ってからマスターするまでに、数週間くらいは慣れるまで時間がかかります。

リラックスといっても、腕を弛緩させるような状態になるまで最初は大変だと思います。
自分の手や足に暗示をかけても最初のうちは中々思うように行かないので、イライラするかも知れません。

まず気持ちとして、暗示をかけても直ぐには緊張感はほぐれなと思ってやった方が、結果的にリラックスできると思います。

自己暗示で大切なのは、あせらないことです。
自分のペースでしっかりとトレーニングできる練習方法を身に付ける事が大切だと思います。


関連記事
自己催眠で向上と啓発
自己催眠法を理解しよう
自律訓練法のやり方
催眠術のかけ方
自己暗示(自己催眠)
自律訓練法の習得について【自律訓練法の効果】
催眠療法の効果について【催眠療法とは何だろう?】
丹田呼吸の効果【丹田呼吸法をマスターする】