勉強を何のためにするのか

サイトマップ
自己啓発.jp
 

勉強を何のためにするのか

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 勉強を何のためにするのか

勉強を何のためにするのか

勉強を何のためにするのか、義務教育を受けている子供がよく疑問に思う事だと思います。

勉強を何のためにするのか、そもそも勉強をする理由とはなんでしょうか?
義務教育だからやらなければならないというのは、理由にならないと思います。
勉強をする理由とは、脳を育てることと同じだと思います。

子供のときに学習をまったくしなかったとしたら、大人になって勉強しても頭に入らないです。
これは脳科学的に考えても証明できると思います。

脳細胞の数は赤ちゃんのときにピークになって、それ以降は少なくなっていきます。
つまり、脳細胞の数だけ考えると赤ちゃんの方が多いわけですが、赤ちゃんは知識(記憶)がまったくありません。

赤ちゃんは複雑な事を記憶する能力がありません。
しかし、子供の頃にいろいろと勉強して知識や経験を積むと脳細胞(シナプス)から伸びる触手の数が増えていきます。
この脳細胞の繋がりが大きなネットワークになって記憶力を強化していきます。

義務教育で、勉強をしなかったとすれば、脳内のネットワークが作れていない訳ですから、記憶力も低下してしまうと思います。

一般的にはこのような脳の育ち方は理解されていないのか、勉強自体に意味はあるのだろうかと考える子供が増えていると思います。
もし、子供から勉強をする理由について聞かれたら「勉強しなきゃ頭が悪くなる、将来落ちこぼれになる」と答えた方がいいと思います。

さらに勉強だけでは左脳しか使われていませんので右脳を活性化するトレーニングも行った方が効果的に記憶力を強化できます。


関連記事
記憶法で右脳を活性化
記憶力を強化する記憶法
記憶法と単語の意味
頭脳ゲーム(脳トレ)の効果
速読法の方法と仕組み
記憶術(記憶法)
速読法(速読術)
1分間勉強法の効果【1分間勉強法の感想】
【IQテストが無料でできるサイトを紹介】
英語勉強法になる映画鑑賞【東大生のTOEIC英語勉強法】