催眠術のかけ方

サイトマップ
自己啓発.jp
 

催眠術のかけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 催眠術のかけ方

催眠術のかけ方

催眠術のかけ方について説明したいと思います。

催眠術のかけ方は、一般的に誤解されている事が多いと思います。
催眠術のかけ方で、テレビ番組では「眠ってください」と一言いっただけで、直ぐに催眠状態になりますが、あれはちょっと誤解されるやり方だと思います。

催眠術は体を支配する暗示から始まるのが普通です。
体を支配するには、じっくりと時間をかけて、「腕が重い」とか「腕が軽くなる」とか「気分がよくなる」などの言葉をかけて催眠誘導していかなければなりません。

テレビ番組では、あらかじめリハーサルで暗示をかけておいて、催眠状態に入り易くしていると思います。
あるキーワード(言葉)をかけるとたちまち催眠状態になるように、仕込んでいると思います。

催眠術でよくあるのが、あなたは○○になると暗示をかけて、被験者に面白い行動をさせますが、あの催眠法は本来の使い方ではありません。
催眠術では、その人の持っているトラウマや心の病を解決するに使うのが本来の使われ方です。

一般的にテレビで放送されているのは他者催眠といい、被験者に暗示をかける方法です。
他者催眠を行ってカウンセリングを行ってくれる先生もいらっしゃいますが、1回の催眠で数千円~数万円の料金がかかります。
しかも、心の病を取り除くには数ヵ月もかかる事がありますので、トータルで数十万円になると思います。

また、自己催眠というのもありますが、こちらの方が手軽に実践できます。
自己催眠は、自分で自分に暗示をかけて練習しますが、慣れればいつでもどこでも実践できて、とても効果があると催眠法だと思います。


関連記事
自己催眠で向上と啓発
自己催眠法を理解しよう
自律訓練法のやり方
自己暗示の活用とは
自己暗示(自己催眠)
自律訓練法の習得について【自律訓練法の効果】
催眠療法の効果について【催眠療法とは何だろう?】
丹田呼吸の効果【丹田呼吸法をマスターする】