モチベーションをアップする方法

サイトマップ
自己啓発.jp
 

モチベーションをアップする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - モチベーションをアップする方法

モチベーションをアップの方法

モチベーションがアップする方法はあるのでしょうか。

モチベーションとは、「動機づけ」や「やる気」の意味がありますが、モチベーションを高めるにはそれに至るまでのプロセスが必要だと思います。
よくあなたはやる気がないとか、この人は駄目な人間だとか、勝手に他人から評価されたりする事があります。

実は、他人から悪い評価をされるとその人のモチベーションが下がってしまい、かえってやる気をなくします。
社長が社員を悪く評価して、社員を全然評価しない会社があったとすれば、社員のモチベーションは下がったままで、本当の潜在能力は発揮されないままでいます。

しかも、優秀な社員までその会社から離れていく結果となり、会社全体が崩壊しているような状態になっていると思います。
このような考え方では、いつまでたっても社員はモチベーションが上がる事はありません。

では、少し考えてみてください。
あなたが誰かから評価されるような事があるならば、やはりもう少し頑張ってみようかなと思うはずです。
これは結果論でもありますが、誰かから評価されればやる気はでますが、評価されるような結果がでるまではしばらくの期間頑張らなければならないと思います。

モチベーションをアップさせるには、まずその事を理解しておく必要があります。
自分がやっている事はいつか必ず評価されるとイメージできる事が大切だと思います。

そして、モチベーション(動機づけ)は一点に集中する事が必要だと思います。
今やらなければならない仕事があったとき、モチベーションの低い人は、とりあえず後でやろうと仕事を先延ばしにしてしまいます。

モチベーションが高くできれば、これは今やらなければならないと行動に移す事ができますが、その動機づけに至るまでに頭の中では仕事に対して活発に働いているのです。

つまり、モチベーションを上げるために行動が先にあるのではなく頭の中でモチベーションを上げるような練習をすれば自然と行動になると思います。


関連記事
発想力をつける練習
自己啓発はなぜ可能
自己啓発とての初詣の願い事
自己啓発とはどのような意味か
自己啓発(セミナー)
株式会社PHP研究所(松下幸之助)【本とDVDの紹介】
自己啓発セミナー【東京の自己啓発セミナーの紹介】