潜在意識と顕在意識とは?【潜在意識と顕在意識の違い】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

潜在意識と顕在意識とは?【潜在意識と顕在意識の違い】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 潜在意識と顕在意識とは?【潜在意識と顕在意識の違い】

私たちの中に、潜在意識と顕在意識があるというのは、知っている人も多いでしょう。でも、その違いを正しく理解している人は、意外に少ないようです。
この2つは、海に浮かぶ氷山に例えられることが多く、水面から上の見える部分が顕在意識と言われます。私たちが、何かを判断したり、選択したりするときに働く意識です。氷山は、水面の下の見えない部分が圧倒的に大きく、これは私たちの潜在意識が多くの部分を占めることに似ています。普段意識することのない潜在意識は、全体の9割とも言われ、私たちの本質的な部分を支えています。


創造力や直観力に影響する潜在意識


潜在意識は、普段意識することがないため、自分でもどういったものなのかが把握できませんが、実はこれまでの経験がたっぷりと詰まっていて、判断や生き方に大きな影響を与えています。過去に自分が考えてきたこと、教えられてきたこと、心構えや見聞きしたこと、そこから受けた印象など、無限に蓄積されていると言ってもいいほどです。そしてこれは、創造力や直観力に直結しています。
また潜在意識は、物事を否定したり、批判したりする判断機能を持っていません。さらに、現実と想像を区別することもなく、物事をそのまま蓄積していきます。物事を作りだす創造力は、すでにある現実にとらわれ過ぎていると、自由な発想ができません。時には現実離れした突拍子もない発想ができるのは、潜在意識が活発に働いた結果だと言えるのです。
また、24時間、ずっと活動しているのも潜在意識の特徴のひとつ。もちろん眠っている間も働いているので、寝ているときに見る夢は、潜在意識が大きく関与していると言われています。そして、うとうととまどろんでいるときに、素晴らしい発想が生まれるのも、潜在意識の影響です。


催眠で潜在意識と対話する


自由な発想を生む潜在意識ですが、普段は表面に出ている顕在意識が優先されるため、十分に発揮されているとは言えません。
でも、潜在意識に直接働きかけることで、その働きを活発にし、今より柔軟な発想ができるようにしたり、凝り固まってしまった常識にとらわれ、大きなストレスを感じている顕在意識の世界から解き放ったりすることができます。
その方法のひとつが、催眠。催眠状態とは、眠っているわけでもなく、意識がなくなっているのでもない独特な状態になります。これは、顕在意識より潜在意識の方が前面にあるため、直接話しかけることができるというわけです。
潜在意識を活発にすることで、これまで目にすることのなかった本当の自分を垣間見られ、新しい自分の可能性を発見できるかもしれません。


関連記事
ゲーム脳に関する子供の影響
脳に必要な栄養とは
判断力の低下と向上
ヘミシンクとは何か?【 ヘミシンクCDの効果】
アルファ波になる音楽とは?【呼吸法でアルファ波になる】
無意識とは何か?【無意識にやってしまう行動】
パーキンソン病の症状【パーキンソン病になる原因】