思考力とは何か?【思考力を低下させる原因】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

思考力とは何か?【思考力を低下させる原因】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 思考力とは何か?【思考力を低下させる原因】

思考力とは、物事を考える力のことです。思考力の違いは、先天的なものだと思っている人もいるかもしれませんが、実は子供の頃からの習慣や経験に大きな影響を受けています。
思考するためには、まず疑問がなければなりません。同じ話を聞いて、「ふ~ん」と聞き流す人もいれば、「それはなぜ?」、「もっと詳しく知りたい」、「知らない言葉が出てきた。それって何?」と、思う人がいます。前者に比べ後者は、最初に説明されたことを、より深く知ることができるのはもちろん、そこから派生した様々な事柄についても、知識として蓄積することができます。この繰り返しが、ひとつひとつの知識や経験の量の違いとなり、最終的に大きな違いを生むことになるのです。


疑問は必ず解決する


思考力のスタートは、疑問であることを説明しましたが、次に重要なのは、その疑問を解決しようとすることです。疑問がわいても、そのまま放置したのでは、何の知識にもなりません。また、せっかく疑問が浮かんでも、結局答えを知ることができないということが習慣化されれば、そのうち、疑問自体がわかなくなってきます。
「疑問に思ったことは、必ず答えを探す」
これを習慣にすることが、思考力向上の重要なキーとなります。
そのためには、メモの習慣をつけるのが大切です。疑問は、ふとした時に浮かんでくることが多く、すぐに調べられる状況にないことがほとんどです。「後で調べよう」と思っていても、疑問自体を忘れてしまうことも多く、これでは、思考力の育成につながりません。疑問に思ったことはメモをして、必ず答えを見つけることを習慣にしましょう。
ちなみに、答えを見つけるためにやるべきことは、自分で調べるだけでなく、周りの人の意見を聞くことも役に立ちます。


悩みや精神病が思考力に影響する


こうやって育てた思考力ですが、ある事情によって、みずから思考力を低下させてしまうことがあります。それは、うつ病など精神病によるものです。
うつ病になると、頭がボーっとして、考えをまとめにくくなります。集中力や注意力もなくなるため、話を聞いても、何かを見ても、疑問が湧いてこなくなります。物事を考えることすら億劫になり、もっと悪化すると、すべてのことを悪い方向にしか考えられなくなります。
また、うつ病まで行かなくても、不安や心配事があると、そればかりが気になってしまい、集中して考えることができなくなります。こうなってしまっては、せっかく習慣化した思考力が役に立つことはありません。思考力はやる気にあふれ、前向きな状態にあるからこそ活発に働くもの。思考力が低下しているなぁと自覚するようになったら、心の病を疑ってみるのも大切なのかもしれません。


関連記事
右脳の活性化
集中力を高める方法と練習
自己開発は右脳を活性化
超能力は発揮される
直感力を鋭くする
集中力を発揮の能力
判断力を鍛える判断能力
脳トレーニングと右脳の関係
書き初めで脳力開発
検索脳とは何だろうか
日本語で脳力開発する
集中力を養う方法
潜在能力は開発できる
右脳 左脳
ウォーキングの効果は?【ウォーキングで脳を活性化】
能力開発の目標を立てる【能力開発セミナーの内容】
七田式と七田眞とは?【七田式の評判について】