マインドコントロールとは?【マインドコントロールの方法】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

マインドコントロールとは?【マインドコントロールの方法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - マインドコントロールとは?【マインドコントロールの方法】

マインドコントロールと聞くと、マイナスなイメージをもつ人が少なくありません。これは、マインドコントロールが、カルト宗教と深いつながりがあるからです。
日本で最初に、マインドコントロールという言葉を公に使ったのは、新体操でオリンピックにも出場した山崎浩子さんだと言われています。彼女が統一教会という宗教団体から脱会する時に、「マインドコントロールされていました」と言ったことで、一般の人がこの「マインドコントロール」という言葉を知るようになりました。また、その後のオウム真理教の一連の事件でも、この言葉が多用され、「マインドコントロール = カルト宗教」という図式が完成しました。
同じように、カルト宗教が行う精神面への働きかけに、「洗脳」がありますが、これは強制的に行うもの。マインドコントロールは、少なくとも本人は、「自分から」という意識があるものと区別されています。


決して悪ではないマインドコントロール


マインドコントロールは、様々な方法で人の心理に働きかけ、特定の結果に誘導するために行われます。宗教で多用されるのは、そうすることで財産を寄付させることを目的としたものが多く、本人だけでなく、家族までも巻き込んでしまうケースもあります。また、キャッチセールスなどの物品の販売などでも同じようなことがなされており、社会問題になっています。
こんな悪いイメージが先行するマインドコントロールですが、これに似た手法は、社会でたくさん行われているという考え方もあります。
例えば、偉大な創業者のいる会社。カリスマ性のある創業者が企業理念や壮大な理想を掲げ、それについて話を聞いていると、日ごろの過酷な労働も苦にならないと思う。こんな組織がたくさんあります。外部の人から見ると、「そんなにハードワークを強要されているのに、どうしてそんなに楽しいのか?」と疑問に思われても、そこで働く社員たちは生き生き、やりがいすら感じているのです。これもマインドコントロールと同じ心理から成り立っています。
また、この技法を応用して、犯罪の矯正やいろいろな依存症を脱却させようという動きもあり、マインドコントロールがすべて悪であるは言えないのです。


自ら選んだと思わせるテクニック


マインドコントロールには、以下のような手法が使われます。
まずは、そのグループの全員が、偏った考えを支持し、それを礼儀正しく説得すること。強制はせず、あくまでも冷静に説得します。強要されることがなくても、周りの全員がそれを支持していることで、最初に感じていた疑問がなくなっていきます。そんな状況が何時間も続けば、精神的に弱っていき、いつの間にかマインドコントロールされた状態になっています。
計画的にマインドコントロールされた状態にされている場合もでも、本人は「自ら選んだ」と思っているので、悪用されないよう注意が必要です。


関連記事
心理学の研究で大切
性格の改善と深層心理
占いの心理学とは
ダイエットの女性心理学
心理テストをやる心理とは
感情導入の必要性を考える
心理カウンセリングとは
カウンセラーの資格【心理カウンセラーになるには?】
心理カウンセリングとは何か?【カウンセリングの効果】
【ユーキャンの生活心理学講座の内容とは?】