カウンセラーの資格【心理カウンセラーになるには?】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

カウンセラーの資格【心理カウンセラーになるには?】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - カウンセラーの資格【心理カウンセラーになるには?】

ストレス社会の中で、注目されることの多くなったカウンセラーですが、実は資格がなくても名乗ることができる職業だということは、あまり知られていません。心という見えない部分を扱う仕事でありながら、医師のような資格がないことに違和感を覚える人もいますが、大切なのは、資格ではなく、カウンセリングの能力なので、あまり気にしなくてもいいのかもしれません。また、職業として新しい分野のため、資格制度が追い付いていないという一面もあるといえるでしょう。
とはいえ、カウンセラーとして、公の場で仕事をするには、その能力や知識を証明するものとして、資格を提示する必要があります。実際に、スクールカウンセラーになるには、臨床心理士や学校心理士などの有資格者であることが条件となっています。


権威のある資格「臨床心理士」


では実際にカウンセラーとして正式な職に就ける資格を紹介しましょう。
まずは、「臨床心理士」。日本臨床心理カウンセリング協会が認定するもので、カウンセラーとして名乗るのに、もっとも権威のある資格だと言えます。人称には、日本カウンセラー学院の専修科、心理カウンセラー養成コースを受講してから試験を受ける必要があり、一定の知識を持っていると認められるからこそ、資格の価値が上がっていると言えます。また5年ごとに更新制度があります。
この臨床心理士のさらに上位資格なのが、「臨床心理療法士」。この資格を持つことで、学校や大企業、病院など、より幅広い場でカウンセラーとして活躍することができます。

多数あるカウンセラーの資格


他にも、カウンセラーの専門分野などによって、様々な資格があります。
「産業カウンセラー」は、労働者のカウンセリングを行う役割をもち、企業に雇用されます。仕事で大きなストレスを抱えている人は非常に多く、企業側の取り組みとして、労働者に健全な精神を保持してもらうことはとても重要です。これからも注目され続ける資格だと思われます。
「行動療法士」「学校心理士」「心理相談員」「家族相談士」「精神対話士」「精神保健福祉士」などもあります。
中には、専門分野の大学に通っていなければ受験できない資格や実務経験を重視するものもありますが、カウンセラーとして活躍するための資格取得を考える時には、自分にあったものを選びましょう。


関連記事
心理学の研究で大切
性格の改善と深層心理
占いの心理学とは
ダイエットの女性心理学
心理テストをやる心理とは
感情導入の必要性を考える
心理カウンセリングとは
マインドコントロールとは?【マインドコントロールの方法】
心理カウンセリングとは何か?【カウンセリングの効果】
【ユーキャンの生活心理学講座の内容とは?】