システム手帳の活用と使い方【システム手帳の種類】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

システム手帳の活用と使い方【システム手帳の種類】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - システム手帳の活用と使い方【システム手帳の種類】

システム手帳は、ビジネスパーソンのキーアイテムです。最近は、スケジュール管理をスマートフォンなどのIT機器で行う人も増えましたが、どんなに進化しても、システム手帳の優位性はこれからも変わらないと言われています。
システム手帳は、自分で使いやすいように中身をアレンジできるのが特長です。このバインダータイプの手帳が発売されたのは、1920年頃のイギリスだと言われています。産業革命を終え、人々の働き方が大きく変わったことを契機に登場したものなのです。

愛用され続けるには理由がある


システム手帳の最大の特徴は、自分が使いやすいようにアレンジを加えることで、自分のビジネススタイルにあった使い方ができることです。用途に合わせて手帳やノートをいくつも持つのは、管理も面倒で非効率です。かといって、既成の手帳は、自分にあった使い方をするには足りないものがあったり、不要なものがあったりと、不満があるのも事実。システム手帳が愛用され続けるのは、それらをすべて解消してしまう魅力があるからです。
システム手帳を購入する際には、バインダーとリフィルと言われる中身を購入します。
バインダーを選ぶ際には、サイズと厚さがポイントとなります。手に持って書くことが多いのか、テーブルに置いて書くことが多いのかを想定し、実際に手に持って、しっくりくるものを選びます。大きいものは、B5やA5サイズのものから、小さいものでは掌に収まるようなものまでありますが、リフィルが一番多いのはバイブルサイズと呼ばれるもの。より幅広い活用をかんがえるのであれば、バイブルサイズ以上のものを選ぶのがいいかもしれません。
また、リングサイズも重要なチェックポイントです。径が小さいものは、たくさんのリフィルを収納できませんのが、大きければ分厚くなってしまいますので、これも自分にあったものを選ぶようにしましょう。


オリジナルのマニュアルにもできる


リフィルは、実にたくさんのものが販売されています。使いやすそうなものを選んで綴じ込んでいきますが、使いこむうちに、「もっとこの欄が太い方が」「この罫線がなければもっといい」等と感じることがあります。そう言った時には、自分でパソコンを使って思い通りのものを作るのがいいかもしれません。オリジナルリフィルのための「スリムパンチ」と呼ばれる穴あけ用のグッズも販売されています。厚めのシステム手帳であれば、それ自体を中にとじ込むこともできます。
またこのパンチを使えば、よく使う資料をとじ込むことができます。A4サイズの資料であれば、40%の縮小コピーをすることで、バイブルサイズに収まるようになります。これにスリムパンチで穴をあけ、自分のシステム手帳にとじ込んでおけば、オリジナルのマニュアルとして活用することができるのです。
このように、システム手帳は、使い方次第で無限の可能性を持っているものです。複数の項目を手際よく比べられるのも特長。優秀なビジネスパーソンの必須アイテムとして、システム手帳が築いた地位は、今後も揺らぐことはないでしょう。


関連記事
モチベーションとは方法
チャレンジ精神を養う方法
プラス思考で人生を変える
強運をつかむ考え方
積極的な人間になる
夢を実現するプロセス
お金持ちになる条件
やる気を出す方法
目標を達成する方法
成功法則(マーフィー)
目標設定で仕事を効率化【目標設定シートを作る】
決断力がない人の特徴【決断力を鍛える】
指導力を向上させる【実践的な指導力とは】
朝活とは何か?【朝活の効果とは】
願望実現を達成する【 願望実現CDの紹介】
創造性の意味とは?【創造性と教育の関係】
人生を変える、楽しむには?【人生を変えた偉人】
夢を実現する方法【夢をかなえる生き方】
成功者の共通点とは?【人生の成功者と成功者の言葉】
お金持ちになる方法【金持ちになるには?】
時短勤務のやり方【時短テクニックを紹介】
ビジネスパーソンの意味とは?【ビジネスパーソンの考え方を学ぶ】
スキルアップの意味とは?【スキルアップを図るには】
ナポレオンヒルプログラム【ナポレオンヒルのプロフィール】