自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】

立ちくらみや酸欠感、吐き気、頭痛など、自分では明らかに病気だと思う症状があるのに、病院に行って検査をしても、「どこにも異常がない」という時、自律神経失調症が疑われます。
そもそも自律神経とは、心臓を動かしたり、涙を出したり、気温に関係なく体温を一定に保ったりと、自分でコントロールしようとするのではなく、自動的に働く神経のことです。
そして自律神経失調症とは、この自律神経のバランスが崩れ、体調不良を起こしたり、痛みを感じさせたり、落ち込んだりすることです。
ちなみに自律神経失調症は、正式な病名ではありません。本人は明らかな自覚があるのに、異常がないときに使われる病名です。


多岐に渡る症状


自律神経失調症の症状は以下のようなものがあげられます。
頭 頭痛・スッキリしない・頭が重い
耳 耳鳴り・聞こえにくい・閉塞感
口 異常な乾き・痛み・味覚異常・不快感
目 疲れ目・乾き・目が開かない・めまい
のど 違和感・詰まる・イガイガ感
心臓 動悸・圧迫感・立ちくらみ・血圧の乱れ
呼吸器 息がしにくい・息ができない・息切れ・酸欠感
消化器 異物感・吐き気・お腹の張り・便秘・下痢・ガスがたまる
手・足 しびれ・痛み・冷え・ふるえ・足のふらつき
皮膚 冷や汗・多汗・汗が出ない・かゆみ・乾燥
泌尿器 頻尿・残尿感・尿が出にくい
生殖器 早漏・射精不能・インポテンツ・生理不順・かゆみ
筋肉・間接 肩こり・痛み・力が入らない・ダルさ
全身症状 倦怠感・疲れやすい・微熱・ほてり・不眠・食欲不振
精神症状 不安感・恐怖感・焦燥感・落ち込み・集中力のなさ・記憶力の低下・注意力散漫

これは一部の例です。実際には、上記以外の症状を感じる人もいます。


症状の改善より、ストレスの軽減を


自覚症状は実にさまざま。そして、そもそもの原因となっている自律神経のバランスの乱れの原因もさまざまです。また、多くの人は、複数の要因が重なってしまっているため、それを治すのは簡単なことではありません。
例えば、ストレスは自律神経失調症の原因のひとつですが、そのために自覚症状としてでている痛みや異常を薬で抑えることができても、根本のストレスがなくなっていなければ、一定期間を経て、再び自立神経失調症になるのは目に見えています。そのため、対処療法と一緒に、ストレスを軽減する方向に持っていかなければなりません。ストレスの原因をなくしてしまうのか、ストレスに負けない状態に持っていくのか、それぞれのおかれた状況や考え方で、最良の方法を選択する必要があります。カウンセリングを受けるのも効果的です。
注意すべきなのは、一部のガンのように発見しにくい重大な病気でも、自律神経失調症と診断され、適切な治療がされないこともある点です。通院しても症状が変わらないときは、病院を変えたり、セカンドオピニオンを求めたりすることも重要となります。


関連記事
アルコール依存症など
依存症とは症状や種類は
ギャンブル依存症の治療
アルコール依存症の治療
統合失調症について
禁酒する方法とは
悩み相談をするには
依存症(アルコール・ギャンブル)
痴呆症の初期症状とは?【痴呆症の病院を紹介】
気分障害の症状【気分障害の特徴とは?】
全般性不安障害の症状【全般性不安障害を克服する】
強迫性障害の症状と原因【強迫性障害のチェック方法】
赤面症の治し方と克服【赤面症の薬について】
対人恐怖症のチェック方法【対人恐怖症になる原因】
社会恐怖症の診断基準【社会恐怖症の治療方法】
パニック障害の症状と原因【パニック障害の克服方法】
不眠症のチェック方法【不眠症克服する方法】
うつ病のチェック方法【うつ病の症状と改善する方法】
躁うつ病の症状とは?【躁うつ病のチェック方法】
境界性人格障害のチェック方法【症状と治療法について】
ストレス診断の方法【ストレスの症状と解消方法】
精神科病院の種類【治療内容と料金について】
認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】
薬物療法とは?【精神科での薬物療法について】