速読術の練習法【速読術練習法の種類】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

速読術の練習法【速読術練習法の種類】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 速読術の練習法【速読術練習法の種類】

速読術の練習法は、実に様々あります。速読術には、約30年の歴史があると言われ、多くの学者や団体が研究を重ねてきました。その成果として、今の速読術があるため、その手法やトレーニング方法に違いがあるのです。
ただ、成果を上げ、役に立つと言われる速読術の練習法には、いくつかの共通点があります。そのひとつが、文章を早く読むことだけに取り組むのではなく、それをいかに記憶し、ビジネスや勉強に活かすかという点にも重きを置いている点です。
どの速読術を学べばいいか分からないという人は、こういった観点にも力を入れているところを選ぶといいでしょう。


準備運動としての目を動かすトレーニング


さて、速読術の練習法で、忘れてはならないのが、目の動きです。私たちは、普段からいろいろなもの見ているのですが、早く目を動かす必要にかられていません。そのため、速読をやりたくても、目を素早く動かすことができないのです。ですので、最初にやる速読術の練習法は、目の動きを早くするトレーニングです。
多くの講座では、目の動きを早めるためのシートがあり、速読トレーニングの前の準備運動のような役割として、取り組んでいます。代表的なものは、シートの上下や左右にいくつかの印があり、それを順番に目で追っていくだけなのですが、それをやるのとやらないのでは、次にやる速読術の練習法の達成度に大きな違いが出るので驚きます。ジョギングをする前に、軽いストレッチをして、体の各部位を伸ばし、スムーズに動くようにしてから走ると、随分楽に走りきれるのに、いきなり走り出すと、息も乱れ、異常なほどに疲れ、いつもよりも時間がかかってしまうのと同じことです。


忘れてはならない呼吸法


これらが終われば、講座ごとの練習法を実践します。最初は、一文字ずつ追っていたものをだんだんブロックごとに広げていく発想はどれも同じですが、具体的な方法には違いがあります。
また、コースにもよりますが、段々とイメージ記憶の要素が取り入れられてきます。例えば、「さくらんぼ」と「雨」など、一見関係のない2つの単語を、自分で無理に関連付け、記憶していく方法や、書かれている単語をひとつずつ頭に浮かべていく方法です。最初は何のトレーニングかよく分からないのですが、繰り返すうちに、驚くほどスピードアップが図れ、脳がジーンとするような印象を受ける人もいます。これは、記憶のスピードアップに役立っている証拠で、右脳が活性化されているからです。
そしてもうひとつ、多くの速読講座に共通しているのが、呼吸法です。まったく触れていないものもありますが、評価の高い講座には、必ず呼吸法の大切さが解かれています。腹式呼吸や丹田式呼吸で、特別なものというわけではないのですが、集中力を高め、学習効果を上げるには必要なステップです。呼吸法は、速読術の練習法だけにとどまらず、様々な効果が期待できますので、決して省いてはいけないステップです。


関連記事
速読する能力とは
速読術をマスターする練習
速読は右脳を活性化する
速読で英単語を読む
速読法は本当に可能か?
速読ソフトの効果とは
NLP速読術の内容【評価・評判】
速読フリーソフトの一覧【速読フリーソフトまとめ】
速読トレーニングが無料でできるサイト一覧
速読術が無料でできるサイト【速読術無料サイトまとめ】
速読術の効果とは?【速読効果の内容】
川村明宏のジニアス速読術の内容【評価・評判】
クリエイト速読スクールの内容【評価・評判】
新日本速読研究会の内容【評価・評判】
日本速読協会 スーパー速読の内容【評価・評判】
家庭教師のトライの速読学習法の内容【評価・評判】
フォトリーディングの内容【評価・評判】
英語速読のやり方【英語速読で読む】
栗田式SRS速読法の内容【評価・評判】