フォトリーディングの内容【評価・評判】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

フォトリーディングの内容【評価・評判】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - フォトリーディングの内容【評価・評判】

フォトリーディングとは、書いて字のごとく、書籍の各ページを写真で撮影するようにイメージとして取り込む技術です。毎秒1ページを超えるスピードで読む姿は、テレビやドラマで取り上げられることも多く、一見すると読書をしているというより、パラパラと眺めているに過ぎませんが、トレーニングすることで、内容もしっかりと理解し、必要な知識をインプットすることができます。


特殊な技能取得はセミナー受講が一番


フォトリーディングで、ページを見ることを"フォトフォーカス"と言います。これには、特殊な目の使い方が必要ですが、普通に目で文字を追う読み方では、どうやっても限界があるため、それを超える速読法として生み出されたものです。
イメージとしては、読むというより、見るという方が近く、その中から自分に必要な情報を引き出すという一連の作業で内容理解を進めます。
フォトリーディングを身につける方法は3つ。書籍と自宅学習、セミナー参加です。
実際に、フォトリーディングを身につけた人は、「誰でも身につけられる」と言いますが、それは決して簡単なことではないので、現実問題として書籍だけで身につけることは、かなり難しいと思った方がいいでしょう。同じように、自宅学習をするにしても、CDやDVDがサポートをしてくれる専用教材を使う方が、まだいいと言えます。
もっとも近道となるのは、セミナーを受講する方法です。2日間の集中講座もあり、1日9時間で、フォトリーディングの基礎が身につくと言われていますが、実際にはすべての人が納得できる効果を実感できているとは言えないようです。
何事においても、元々持っている能力や習得のスピードに差があるのは当然です。本当にフォトリーディングを身につけたいと思うのであれば、まずは書籍で特徴を理解し、十分な心の準備をして、万全な態勢でセミナーに臨むようにする方がいいでしょう。


トレーナーの教える技能に差があるのが難点


WEBでフォトリーディングを検索すると、かなり後ろ向きな意見が多く見られます。これには、2つの理由があります。ひとつは、あまりに特殊な技能のため、実際に挑戦していない人や書籍などで大まかな理論だけを読み、「ムリ」と決めつけた人が、「フォトリーディングなんて無理に決まっている」と言っているケース。これは、参考にする必要はありません。
もうひとつは、セミナーを受講したのに、身につかなかったという受講者の意見です。これは、本人の能力と言うより、トレーナーの能力にバラツキがあるのが原因だと思われます。もちろんトレーナー自身は、フォトリーディングができるのでしょう。ただ、それを教える能力には差があるため、受講者にフォトリーディングの技術を伝えきれていないという理由が大きいと思われます。また一概に、フォトリーディングのセミナー代金は安くないので、身につかなかった時の不満も大きいものと思われます。
セミナーを受講する時には、WEBなどでそのトレーナーの評判を個別に探るか、実際に体験した人の口コミを参考にするのがいいかもしれません。


関連記事
速読する能力とは
速読術をマスターする練習
速読は右脳を活性化する
速読で英単語を読む
速読法は本当に可能か?
速読ソフトの効果とは
NLP速読術の内容【評価・評判】
速読フリーソフトの一覧【速読フリーソフトまとめ】
速読トレーニングが無料でできるサイト一覧
速読術の練習法【速読術練習法の種類】
速読術が無料でできるサイト【速読術無料サイトまとめ】
速読術の効果とは?【速読効果の内容】
川村明宏のジニアス速読術の内容【評価・評判】
クリエイト速読スクールの内容【評価・評判】
新日本速読研究会の内容【評価・評判】
日本速読協会 スーパー速読の内容【評価・評判】
家庭教師のトライの速読学習法の内容【評価・評判】
英語速読のやり方【英語速読で読む】
栗田式SRS速読法の内容【評価・評判】