英語速読のやり方【英語速読で読む】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

英語速読のやり方【英語速読で読む】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 英語速読のやり方【英語速読で読む】

速読はかなり一般的なスキルとして認められるスキルとなりました。これにグローバル化する社会のニーズが加わり、英語速読にも注目が集まるようになりました。
今や大企業の中には、新入社員の合格基準として、TOEICでの高得点を条件に挙げる動きもあり、英語力が欠かせません。従来の英語では、頭の中で英語を日本語に直し、日本語で考えたことを英語に訳して話すというスタイルでした。これでは時間がかかり過ぎます。英語速読を学ぶことで、単にこのスピードが速まるだけでなく、脳が活性化し、日本語で考えていた部分を英語で考えられるようになり、さらにスピードアップになるとのデータもあります。

クモンが取り組む英語速読


そもそも速読は、日本語だけにとどまらず、欧米でも磨かれている技術です。世界の共通語である英語速読は、英語圏の国以外でも積極的に学ばれています。
日本でもこの英語速読の優位性に注目し、身近に学べるようにしたところがあります。それは、誰もが知っているクモンです。
子供の教育に特化してきたクモンが、本当に使える英語を学ばせたいと作った英語コースに、「S.R.S.(スピード・リーディング・システム)」を採用。これは、英語速読を応用したもので、英語を一語一語訳すのではなく、大きな文脈から、英語を理解するスキルです。ゆっくりした英語を聞いていると、一語毎に訳してしまいますが、スピードを上げて聴くことで、一語一語訳す時間をなくします。これを習慣化することで、英語を英語のまま理解することが身に付きます。


一語ずつ訳さないから、単語力がなくても理解できる


英語速読は、すでに英語をある程度理解している人しか身につけられないように思う人も少なくありませんが、実は、中学校程度の単語力があれば、十分取り組める方法です。英語を単語ごとに理解しようとすると、知らない単語が出てきた時点で、和訳ができなくなり、一気に全体が見えなくなってしまいます。ですが、英語速読で、全体を聞いて雰囲気を掴む訓練をすれば、多少知らない単語があっても、全体の雰囲気から内容をイメージできるようになります。日本語で話をしているときに、知らない言葉があっても問題がないのと同じです。
こうしてイメージが掴めるようになると、英語との距離が縮まり、英語に親しむ機会が増えます。こうなると、自然に語彙も増え、結果として抵抗なく英語を話したり読んだりできるようになります。
これからますます英語が身近になるのは、間違いありません。今まで、英語を避けてきたという人も、いろいろやってみたけど話せるようにならなかったという人も、視点を変えて、英語速読に挑戦してみるといいかもしれません。


関連記事
速読する能力とは
速読術をマスターする練習
速読は右脳を活性化する
速読で英単語を読む
速読法は本当に可能か?
速読ソフトの効果とは
NLP速読術の内容【評価・評判】
速読フリーソフトの一覧【速読フリーソフトまとめ】
速読トレーニングが無料でできるサイト一覧
速読術の練習法【速読術練習法の種類】
速読術が無料でできるサイト【速読術無料サイトまとめ】
速読術の効果とは?【速読効果の内容】
川村明宏のジニアス速読術の内容【評価・評判】
クリエイト速読スクールの内容【評価・評判】
新日本速読研究会の内容【評価・評判】
日本速読協会 スーパー速読の内容【評価・評判】
家庭教師のトライの速読学習法の内容【評価・評判】
フォトリーディングの内容【評価・評判】
栗田式SRS速読法の内容【評価・評判】