認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - 認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】

認知行動療法は、心の病を治療する方法です。認知療法と行動療法は元々、別のものでしたが、密接に関連していることから、同時に(または順番に)実施されることが多く、最近では、「認知行動療法」として確立されています。
認知行動療法が施される例としては、社会不安障害やパニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、強迫性障害などです。特に、恐怖感や不安が要因になっている心の病気に有効だと考えられています。

悲観的な考えから脱する治療


恐怖感や不安感が原因の心の病の多くは、物事の悪い面ばかりに敏感になり、自分のせいでダメになった、責任は自分にあると強く感じる傾向があります。また、十分な根拠はないにも関わらず、「ダメに違いない」などと結果を決め、悲観的になってしまいます。
治療では、カウンセリングによって、この悲観的な考えを正していきます。これは、認知行動療法の内の認知療法にあたる部分です。自分の考え方のパターンを自覚し、柔軟な考えをもつように持っていくのです。
もう一方の行動療法は、条件反射の理論を治療に応用したものです。
条件反射と言えば、パブロフの犬が有名です。ベルを鳴らして餌を与えることを繰り返すことで、ベルの音を聞くだけで、よだれを流すようになるというもの。これを逆に、ベルを鳴らしても餌を与えない状況を繰り返すと、そのうち、ベルを聞いても餌だと思わなくなります。
治療の現場では、例えばパニック障害の人は、パブロフの犬でいう「ベル=餌」と思っている状態です。人ごみの中に行くと、発作が起きるに違いないと信じこみ、行動を制限してしまっているのです。行動療法では、人のいるところに実際に行き、発作が起こらないことを自覚しながら、どんどん人の多い所に出かけ、思い込みを解消することで恐怖心をなくしていきます。
認知行動療法は、目に見えない心の病気を治療するためのものですので、決して簡単にできるものではありません。思い込みを上手に解消するためには、各ステップのころ合いの目測を誤っては意味がありませんし、一度の治療の失敗は、振り出しに戻るのではなく、さらに症状を悪化させることにもなりますので、経験値の高いカウンセラーや精神科医による治療が不可欠となります。

社会復帰を見据えた集団認知行動療法


最近注目を集めている認知行動療法に、集団認知行動療法があります。
社会では、人との関わりなしでは、仕事はできませんし、ひとりで生きていくこともできません。重症化した心の病は、個人レベルで治療することも大切ですが、社会復帰を見据える段階になれば、集団の中で、人との関わりを身に付けることが重要となります。
また、同じような症状に悩む人と意見を共有することで、孤独感が和らぎ、不安感をなくす効果も期待できます。
病院によって、プログラム内容が違いますので、主治医の指示を仰ぎながら参加するようにしましょう。


関連記事
アルコール依存症など
依存症とは症状や種類は
ギャンブル依存症の治療
アルコール依存症の治療
統合失調症について
禁酒する方法とは
悩み相談をするには
依存症(アルコール・ギャンブル)
痴呆症の初期症状とは?【痴呆症の病院を紹介】
自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】
気分障害の症状【気分障害の特徴とは?】
全般性不安障害の症状【全般性不安障害を克服する】
強迫性障害の症状と原因【強迫性障害のチェック方法】
赤面症の治し方と克服【赤面症の薬について】
対人恐怖症のチェック方法【対人恐怖症になる原因】
社会恐怖症の診断基準【社会恐怖症の治療方法】
パニック障害の症状と原因【パニック障害の克服方法】
不眠症のチェック方法【不眠症克服する方法】
うつ病のチェック方法【うつ病の症状と改善する方法】
躁うつ病の症状とは?【躁うつ病のチェック方法】
境界性人格障害のチェック方法【症状と治療法について】
ストレス診断の方法【ストレスの症状と解消方法】
精神科病院の種類【治療内容と料金について】
薬物療法とは?【精神科での薬物療法について】