PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状とは?【PTSD治療の現状】

サイトマップ
自己啓発.jp
 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状とは?【PTSD治療の現状】

このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状とは?【PTSD治療の現状】

テレビなどでよく耳にする「PTSD」。阪神淡路大震災の頃から一般的に使われるようになりました。
PTSDとは、「Post Traumatic stress Disorder」の頭文字をとったもので、心的外傷ストレス障害と言われます。これは、災害や事故など、衝撃的なことが起こったことにより、許容範囲を超えてしまい、心に大きな傷を残し、心的外傷(トラウマ)となる現象です。


子供が受ける影響は大きい


人は、強い衝撃を受けると、ショック状態となります。そしてその場を回避するために、心を麻痺させるのです。事故にあったり、襲われたりした人が、その時の記憶をなくしているのはこのためです。また、子供の場合、親に虐待を受けても、痛みを感じなくすることで、その時間をやり過ごすこともあります。その後、心のケアを受け、自分で気持ちを奮い立たせることで、時間をかけながら、心の麻痺を軽減していきますが、一部に麻痺した部分が残ると、後々、異常がでてきます。これがPTSDです。
このPTSDは、子供の方が影響は大きく、正しくケアをしなければ、いつまでも尾をひきます。子供は知性が未発達なため、受けた衝撃をイメージや身体的な感覚と一緒に記憶しています。そのため、似た状況になるとPTSDの症状が出て、フラッシュバックや腹痛、吐き気などを訴えます。
また、その体験を思い出したくないという自己防衛本が働き、他人に話したがらないケースもあります。日中は元気に遊んでいるため、大人は安心してしまいますが、夜中になるとひどい悪夢にうなされたり、ストレスからおねしょをしたり、幼児がえりをする例もあります。こうした場合、子供をしかったりせず、温かく包みこんであげる必要があります。励まして、元気づけているつもりでも、それがプレッシャーとなって心を閉ざし、将来への希望を見出せなくなり、物事への興味がなくなり、生きている意味すら見失ってしまうこともあるので、注意が必要です。


最新の指を使った治療に注目


このPTSDの治療として、近年注目を浴びているのがEMDRと呼ばれるものです。これまでは、薬物療法と心理療法を併用していましたが、目にした出来事を細かく思い出しながら話す必要があったため、患者にとって、とても負担が大きいものでした。ところがこれは、ストレスの少ない技法として注目を集めています。
PTSDの要因となっている出来事を考えながら、目の前で自分の指を一定の速度で動かします。目でその動きを追うことで、脳が持っている能力を活性化し、記憶を整理していくという方法です。日本にも専門の訓練を受けた専門家が増えており、これからますます一般化するのもしれません。


関連記事
アルコール依存症など
依存症とは症状や種類は
ギャンブル依存症の治療
アルコール依存症の治療
統合失調症について
禁酒する方法とは
悩み相談をするには
依存症(アルコール・ギャンブル)
痴呆症の初期症状とは?【痴呆症の病院を紹介】
自律神経失調症の症状と治療【自律神経失調症のチェック方法】
気分障害の症状【気分障害の特徴とは?】
全般性不安障害の症状【全般性不安障害を克服する】
強迫性障害の症状と原因【強迫性障害のチェック方法】
赤面症の治し方と克服【赤面症の薬について】
対人恐怖症のチェック方法【対人恐怖症になる原因】
社会恐怖症の診断基準【社会恐怖症の治療方法】
パニック障害の症状と原因【パニック障害の克服方法】
不眠症のチェック方法【不眠症克服する方法】
うつ病のチェック方法【うつ病の症状と改善する方法】
躁うつ病の症状とは?【躁うつ病のチェック方法】
境界性人格障害のチェック方法【症状と治療法について】
ストレス診断の方法【ストレスの症状と解消方法】
精神科病院の種類【治療内容と料金について】
認知行動療法とは?【認知行動療法の病院での治療】
薬物療法とは?【精神科での薬物療法について】